STORE
2024/05/20(月)/厚い雲/28℃
NEWS

「正島克哉 陶展」初日の12月2日(土)は事前入店申込について

2023/11/21

「正島克哉 陶展」初日の12月2日(土)は事前入店申込について

12月2日(土)から始まる「正島克哉 陶展」ですが、

初日の12月2日(土)は事前に入店申込頂いた方のみの入店となります。
入店ご希望の方は11月20日(月)〜11月24日(金)までの間にメールにてご応募ください

。期間外のご応募は無効となります。入店時間については抽選となります。

入店時間については11月25日(土)にメールにてご連絡差し上げます。

申込はおひとりさまにつき一回限りとさせて頂きます。
.
メールはタイトルに「正島克哉 陶展入店申込」と記載の上、

本文に①お名前②ご住所③電話番号をご記入ください。
.
時間は10:00より30分入替え制です。入店は申込者とお連れの方1名の計2名まで可能ですが、

ご購入は申込者に限らせて頂きます。

予約解除になるフリーの時間については11月25日(土)にInstagramにてお知らせさせて頂きます。
点数制限がある場合については開催前日12月1日(金)のInstagramの投稿、および当日店頭にてご確認ください。
.

今回ご応募頂くメールアドレスは budounotane.tane@gmail.com です。
お間違いのないように宜しくお願い致します。
尚、当選のご連絡もこのアドレスよりお送り致します。

メールを受信できるよう事前にドメイン設定のほど宜しくお願い致します。
また、本メールアドレスは事前申込専用のメールアドレスとなります。

本件以外のお問合せは店舗(0943-77-8667)までご連絡ください。
.
皆さまに安心してゆっくりとご覧頂くためにこのような制限を

とらせていただくこととなりました。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
.

正島克哉 陶展

うきは:2023 12/2(土)〜12/12(火)10:00-17:30
※木曜定休。最終日は16時まで。
12/2(土)作家在店

今年も正島さんのあたたかなうつわが集まります。
肌寒くてあたたかいものが恋しい季節。
そんな時に活躍してくれる普段使いしやすいうつわたち。
片手土鍋、平パン、ごはん鍋、陶やかん⋯。
是非お気に入りのうつわであたたかな食卓をお楽しみください。

【初日入店申込について】
本展の初日12/2(土)の開店後しばらくは事前に入店予約をされた方のみの入店となります。

ACCESS MAP

【 車 】
国道151号線 久留米より 約30km
大分自動車道 福岡より 約60km
【 電車 】
JR久大本線 久留米駅から日田行に乗車し、
うきは駅下車 うきは駅から徒歩20分

福岡県うきは市浮羽町流川428
営業時間や店休日は店舗で異なりますので、
各店舗ページをご覧ください。
電話番号:0943-77-8667
※ナビで検索される場合は、0943-77-5930

RECRUIT

※ただいま求人募集いたしておりません※


ぶどうのたね採用ページへようこそ。
福岡県の南部うきは市にぶどうのたねはあります。
大分県との県境、山に囲まれた街です。
近くには阿蘇山系からの川がたくさん点在しています。
自然豊かなうきは市では年間を通してたくさんの野菜や果物実ります。
そしてぶどうのたねの上には見守り山「五葉山」、見守り神社「諏訪宮」。
守られ、緑に囲まれたこの土地に私たちの「場所」があります。

「土地ありき」「人ありき」私たちが大切にしている理念です。

土地ありき。自然は私たちの力では作ることはできません。
できることは、守っていくことです。
私たちも仕事をしながら、気持ちよく、風通しのいい場所にしたいと思っています。
朝は店舗と庭掃除から始まります。
掃除をしているとつい下ばかりを向いてしまいますが、鳥の鳴き声や心地よい風が吹くと、空を見あげます。ながれる雲や山々の緑が目にはいると、気持ちがリセットされます。
自然に感謝する瞬間です。

人ありき。この「場所」は今まで関わった全ての方たちとともに守って来ました。
器、服飾のギャラリー、カフェ、和菓子屋、自家焙煎コーヒー、そして着物。
ぶどうのたねのスタッフは幅広い世代と、経験も様々。個性豊かなのスタッフがいます。
お互いを尊重し、毎日の仕事を作業としてこなすのではなく、多方面での学びを感じていただける方を希望いたします。


求める人物像
・ぶどうのたねに興味がある方。
・心身ともに健康で協調性のある方。
・料理のことが好きで食材や使用してるうつわや道具を大切に取り扱うことができる方。
・目の前のことだけではなく、周りに目を配れる方
・何事も前向きに取り組める方。
・素直に話が聞ける方。
・思いやりのある方。



ぶどうのたねで、お待ちしています。